正しく知ろう

貯金箱と電卓

ストックオプションという言葉を聞く機会がありますが、ストックオプションとは会社側が雇用している従業員に対し株券の予約権を付与するオプションの事を指します。ストックオプションを行なうことで従業員は利益を得ることが可能になり、企業側は従業員の金銭的な満足度を高めることが可能になります。そのため多くの企業で行われていて、ストックオプションを行なうことで離職率が下がったというデータが見られる企業なども存在します。ストックオプションを行使すると、株価が上がった時に利益が生じますが、この時例えば100円の時に行使した自社株が200円に上がれば単純計算で100円の利益を得ることが出来ます。そのため従業員は会社のために尽くそうという忠誠心が働き、結果として会社での成果なども高まるという魅力などもあります。
そんなストックオプションはストックオプション評価という評価制度があります。公正価値を公表することで行使する側の従業員が損をしないようになっているわけです。ストックオプション評価などは様々な調査会社がデータを提供しているため、意外と調べることが簡単にできます。ストックオプション評価額はブラック・ショールズ式と呼ばれる数式を用いて算出され、コール・オプション額として呼ばれます。ストックオプション評価をしっかり行なうことで適切な投資を行うことが出来るようになり、間違って行使する事を可能な限り減らすことが可能になります。

Copyright© 2015 【これで出来る!】先物取引や投資のノウハウ調べ All Rights Reserved.